DVD関連用語集1

5.1チャンネルサラウンド

映画館で採用されているような、立体サウンドの音響効果を実現する音声出力のことです。
立体感を出すために6つのスピーカーがサラウンド使われます。
そのうちの1つのサブウーファーが重低音効果が目的なので、0.1チャンネルとして扱われるため、5.1チャンネルサラウンドと名付けられました。

B-CASカード

地上/BSデジタル放送を見るために必要なカードで、「ビーキャスカード」と呼びます。
デジタル放送ではダビングによって元の映像と同じ画質のものが簡単に作れてしまうので、著作権保護のために電波を暗号化していて、見るためにB-CASカードを受信機にセットしないと見れないシステムになっています。

BSデジタル放送

2000年の12月からはじまったデジタル衛星放送のことです。
従来の地上波によるテレビ放送に比べ、5.1チャンネルサラウンドやハイビジョン映像などの高画質、高音質な番組の視聴がBSデジタル放送可能になります。

CPRM

BS/地上デジタル放送では、著作権保護を目的としたコピーワンスにより番組の録画が1回だけ許されています。
そして番組を録画するメディアにもコピーワンスに対応したシステムが必要となり、そのシステムをCPRM(Content Protection for Recordable Media)といいます。
DVDメディアなどの記録メディア用の著作権保護技術を表わしています。

スポンサードリンク

D端子

映像信号入出力端子の1つで、3本のコードを使うコンポーネント端子があり、D端子とはこのコンポーネント端子に代わって1本でコードの接続を簡単にした端子のことです。
アルファベットの「D」にの形をした接続端子からその名がDVD端子付いており、解像度の違いによりD1~D5の種類が存在します。

DV端子

DVカメラを接続するときの専用の接続端子です。
DVDレコーダーによってはデジタルビデオカメラを操作することが可能となります。
DVとはデジタルビデオの略のことです。

DVD-Video

DVDの記録方式として、一番普及しているDVD規格方式の一つです。
映画タイトルなど、多くのDVDプレーヤーで再生することができます。

DVD-VR

DVD-Videoは配布用として再生を目的に考えられた録画方式ですが、書き換えも出来るDVDメディアが普及してきたことで、再編集などを可能とする録画方式として登場したのが「DVD-VR」という方式です。

スポンサードリンク
今から始めるDVDの歩き方
スポンサードリンク
サイト内検索
DVDを知ろう
DVDの常識
DVDの機能・特徴
DVDレコーダーの選び方
DVDを使う
DVDを活用する
映像機器を知ろう
薄型テレビの選び方
ホームシアターの選び方
DVDあれこれ
DVDの豆知識
DVD関連用語集
DVDニュース
我が家の地デジ
Yahoo! JAPAN その道のプロが、あなたをガイド。All About
 
DVDの歩き方 TOPへ DVD関連用語集 DVD関連用語集1