端子の種類とB-CASカード

端子の種類 ・・・ 「D3端子」以上がハイビジョン画質

DVDレコーダーと同様に薄型テレビもまた、見慣れない端子が増えています。主な端子について説明します。

1.コンポジット入力端子
DVDレコーダーなどの、AV機器で再生された映像を入力するときの端子です。

2.S2端子
コンポジット端子よりも高画質で映像に色にじみがないのが特徴の映像入力端子です。

3.D端子
ケーブルの端子の形状がDに似ているのでD端子と端子呼ばれています。D1~D5までがあり、D1は従来のテレビ、D2はDVD、D3以上がデジタルハイビジョンに対応しています。

4.モニター出力
1、2と同じくモニター出力用端子です。

5.光デジタル音声出力
デジタル放送の音声信号を出力する端子で、5.1チャンネルサラウンドを利用するときに使います。

6.i・LINK端子
D-VHSビデオレコーダと接続してハイビジョン映像を録画するときに使います。

7.LAN端子
インターネットやネットワークに接続するための端子です。

8.パソコン入力(RGB)
薄型テレビの大画面を使ってパソコンの端子画面を表示させます。

9.DVI端子
薄型テレビの大画面を使ってパソコンの画面を表示させるときに使用します。

10.BS/110度CSアンテナ入力端子
BS/110度CSチューナー内蔵型の場合にアンテナの入力に使用します。

11.VHF/UHF入力/出力端子
従来の地上テレビ放送の外部アンテナとテレビへの出力に使います。

12.地上デジタルアンテナ入力
地上デジタルチューナー内蔵型の場合は、アンテナの入力に使用します。

スポンサードリンク

B-CASカードとは ・・・ デジタル放送を見るためのカード

B-CASカード(BS-Conditional Access Systems Card)とは、地上/BSデジタル放送を見るために必要で、所定の場所にカードを挿入しなくては著作権いけません。
何故このようなことが必要かというと、デジタル放送では高画質映像が流れると同時に、そのままコピーすれば元の映像と同じものが作れてしまいます。それにより、コンテンツの著作権が侵害される可能性があるからです。
具体的には「コピーワンス」によりデジタル放送の録画は一度しかできないようになります。

また、録画した番組はダビングが不可能になります。ハードディスクからDVDメディアに移動した形になり、ハードディスクには残らないシステムになっています。
正規の受信機器には必ずこのB-CASカードが同梱されていて、そうした機器を購入する以外では手に入らなないようになっています。
このような方式で受信者を限定することを「限定受信方式」と呼びます。

スポンサードリンク
今から始めるDVDの歩き方
スポンサードリンク
サイト内検索
DVDを知ろう
DVDの常識
DVDの機能・特徴
DVDレコーダーの選び方
DVDを使う
DVDを活用する
映像機器を知ろう
薄型テレビの選び方
ホームシアターの選び方
DVDあれこれ
DVDの豆知識
DVD関連用語集
DVDニュース
我が家の地デジ
Yahoo! JAPAN その道のプロが、あなたをガイド。All About
 
DVDの歩き方 TOPへ 薄型テレビの選び方 端子の種類とB-CASカード