テレビの大きさと設置

薄型テレビを設置するスペース ・・・ 横幅で1~1.5mが必要

薄型テレビがどのくらいのスペースを必要とするかというと、製品によっても異なりますが、外形寸法はおよそ37v型で105×67cm、設置スペース42v型で115×73cm、50v型で133×84cmの寸法になります。
また、奥行きは10cmほど必要で、専用台を使う場合は35~55cm必要です。そして設置したテレビを適切な距離から見るためには画面サイズの高さに3倍をかけた距離を確保しなければいけません。
その距離は37v型で140cm、42v型で160cm、50v型で180cm程度です。

そして、現行のブラウン管テレビをコーナーに設置している部屋では、薄型テレビを同じ場所に導入してもそれほど設置スペースが変わるわけではない(奥行きが必要です)ので、注意しましょう。

画面サイズの測り方 ・・・ 「対角法」「有効画面サイズ」

薄型テレビのカタログには37v/42v/50v/のように数字の後に「v」が付いています。このvはビジュアルサイズの意味で、「有効画面サイズ」のことです。
これは、これまでのブラウン管のテレビサイズ表示テレビサイズとの違いを表しています。
テレビの画面サイズは、「対角法」という画面の対角線の長さをインチで表わしたものなのです。
ブラウン管の有効画面サイズは、対角寸法よりも小さいので、例えば32型のブラウン管テレビの場合では、対角法は32インチでも有効画面サイズは30インチ程度しかない場合もあります。
液晶テレビまたはプラズマテレビとブラウン管テレビを比較するときには、同じ型サイズなら液晶およびプラズマテレビのほうが画面が大きくなることを覚えておいてください。

スポンサードリンク

チューナーのないテレビの場合 ・・・ 壁掛けにはセパレート型を選ぶ

すべての機能が一つになった一体型テレビは、扱いが簡単になる代わりに使い方も限定されます。 これに対してディスプレイとチューナーを切り離したセパレート型では、機能の分散による扱いの不便さがありますが、セパレート型ならではのレイアウトの壁掛けテレビ自由度が生まれます。
その一番の例が壁掛けテレビです。
チューナーを内蔵しないので壁掛けにしても複数のケーブルが壁からぶら下がるようなことはありません。
そしてケーブルの差し替えも手元の外部チューナーで行えます。
チューナーを内蔵しないテレビは、画面の縁取り部分が少ないので内蔵型よりも薄く小さくすっきりしています。

スポンサードリンク
今から始めるDVDの歩き方
スポンサードリンク
サイト内検索
DVDを知ろう
DVDの常識
DVDの機能・特徴
DVDレコーダーの選び方
DVDを使う
DVDを活用する
映像機器を知ろう
薄型テレビの選び方
ホームシアターの選び方
DVDあれこれ
DVDの豆知識
DVD関連用語集
DVDニュース
我が家の地デジ
Yahoo! JAPAN その道のプロが、あなたをガイド。All About
 
DVDの歩き方 TOPへ 薄型テレビの選び方 テレビの大きさと設置