DVDレコーダーの接続

DVDレコーダーとテレビの接続方法 ・・・ 端子の確認

DVDレコーダーを購入してから最初にすることは、テレビ・その他の機器との接続です。
最も簡単な方法は、今使っているビデオテープレコーダの接続をそっくりそのままDVDレコーダに移し変えるというものです。
DVDレコーダの背面にある主なDVD端子端子は、

 1.D1/D2映像出力端子
 2.コンポーネント映像出力端子
 3.S1映像出力端子
 4.コンポジット映像出力端子
 5.アナログ音声出力端子

などがあります。
使っているテレビにこれらの端子がある場合は、D端子から優先して端子を接続します。

スポンサードリンク

DVDレコーダーの接続端子の種類

DVDレコーダーにはビデオテープレコーダーとは比べ物にならないほどに接続端子がたくさんあります。主な端子を挙げます。

・「背面」
1.電源入力端子-DVDレコーダの接続端子電源ケーブルの接続端子です。
2.コンポジット出力端子-DVDレコーダで再生された映像をテレビ等に出力する端子です。
3.S端子-コンポジットよりも高画質な映像を出力できます。
4.コンポーネント映像出力端子-S端子よりもさらに優れた画質でのやり取りが可能です。
5.D1/D2映像出力端子-D1は通常のテレビ、D2はDVDとの接続が可能です。
6.コンポジット入力端子-コンポジットの外部入力端子です。
7.BSアンテナ入力/出力端子-BSチューナ内蔵型の場合、外部アンテナとテレビへの出力に使います。
8.VHF/UHF入力/出力端子-通常の地上テレビ放送の外部アンテナとテレビへの出力に使います。
9.Ether端子-パソコンやインターネットに接続するための端子です。

・「前面」
1.コンポジット入力端子-コンポジットの外部入力端子です。
2.DV端子-デジタルビデオ端子のことで、デジタルビデオカメラを接続するときに使います。
3.メモリーカードスロット-デジタルカメラの画像入力用としてのメモリーカードスロットです。

DVDレコーダーの難解な取扱説明書 ・・・ 録画・再生・編集の基本を理解する

一般に、取扱説明書に書かれている内容は、はじめに製品の特徴、取扱説明書続いて使用する前の準備(テレビ、アンテナとの接続など)が書かれています。そして、そのあとは具体的な使用方法が説明されています。
DVDレコーダーを購入した場合にまず知っておくべきなのは、DVDレコーダーの基本機能と操作になります。
それは「録画」「再生」「編集」の3つです。

スポンサードリンク
今から始めるDVDの歩き方
スポンサードリンク
サイト内検索
DVDを知ろう
DVDの常識
DVDの機能・特徴
DVDレコーダーの選び方
DVDを使う
DVDを活用する
映像機器を知ろう
薄型テレビの選び方
ホームシアターの選び方
DVDあれこれ
DVDの豆知識
DVD関連用語集
DVDニュース
我が家の地デジ
Yahoo! JAPAN その道のプロが、あなたをガイド。All About
 
DVDの歩き方 TOPへ DVDを使う DVDレコーダーの接続