DVDレコーダーでのダビング

DVDレコーダーでのダビングの方法 ・・・ 簡単な機能を使うことからはじめる

ダビングは、録画した番組などをDVDや他のメディアにコピーすることをいいます。
基本的なダビング機能は、以下の3つの方法があります。

1.番組を丸ごとダビング
ハードディスクに撮った一つの番組をそっくりそのままDVDメディアにダビングする場合に使います。

2.複数のチャプタを選んでダビング
複数の番組または番組の一部を組み合わせてダビングするときに使います。

3.録画モードを設定してのダビング
標準(SP)や長時間(LP)などの録画モードを設定してダビングをするときに使います。

DVDレコーダーを使ってビデオテープレコーダーの映像のダビング ・・・ S端子やコンポジット接続を使う

VHSテープの映像をDVDにダビングする場合には、今まで使ってきたビデオテープレコーダーとDVDダビングDVDレコーダーをどうやってつなぐかが問題になります。
ここはシンプルにビデオテープレコーダーのS端子かコンポジット出力端子とDVDレコーダーのS端子かコンポジット入力端子を接続します。
接続後は、DVDレコーダー側でライン入力に切り替えて、ビデオテープレコーダーの映像がテレビ画面に表示されていることを確認し、録画先をハードディスクかDVDに設定して録画を開始してください。

スポンサードリンク

DVDメディアをダビングをして配布する方法 ・・・ DVD-Videoで「ファイナライズ」する

映像などをDVDメディアで配布するときに注意しなければならないことが2つあります。
一つは使用するDVDメディアの種類と記録方式です。
これは、配布する相手がどんなDVDレコーダーやDVDプレーヤー、パソコンを使っているかがDVDメディア関係します。
ですが、いちいち確認できないので、最も安全な方法としてDVD-RにDVD-Videoでダビングを行います。
二つ目は、ダビングしたDVDメディアを自分のDVDレコーダーで再生するときには問題ないのですが、パソコンや他のDVDレコーダーなどでの再生が出来ない場合があります。
そこで行うのが「ファイナライズ」という作業で、これは編集やダビングなどの作業を全て終えて完成版を作るための作業です。
ファイナライズ機能は、DVDレコーダーの編集機能やディスク管理などのメニューの中にあります。ファイナライズしたあとはDVD-Rでは録画や編集ができなくなります。DVD-RWの場合はファイナライズを解除することで録画や編集が可能です。

DVDをダビングする際の著作権 ・・・ 地上/BSデジタル放送は1回だけの録画なら可能

基本的には録画が制限されれているDVD-VideoやビデオCDなどには、コピー防止用の信号が入っているのでコピーDVDrecができません。
また、地上/BSデジタル放送を録画する場合については、「コピーワンズ」により1回だけコピーすることが可能です。
これには「CPRM」対応のDVDメディアが必要です。
録画は、ハードディスクまたはDVDメディアで行いますが、ハードディスクに録画した後DVDメディアへダビングする場合、ダビングではなく移動となります。
なお、DVDレコーダーによってはハードディスクからDVD-RAMに移動はできてもDVD-R/RWには移動できない製品もあります。
その他については、個人で使用する範囲内ではコピーや編集をすることが可能です。

スポンサードリンク
今から始めるDVDの歩き方
スポンサードリンク
サイト内検索
DVDを知ろう
DVDの常識
DVDの機能・特徴
DVDレコーダーの選び方
DVDを使う
DVDを活用する
映像機器を知ろう
薄型テレビの選び方
ホームシアターの選び方
DVDあれこれ
DVDの豆知識
DVD関連用語集
DVDニュース
我が家の地デジ
Yahoo! JAPAN その道のプロが、あなたをガイド。All About
 
DVDの歩き方 TOPへ DVDを使う DVDレコーダーでのダビング