DVDレコーダーで楽しむ

DVDならではの高画質とは ・・・ 高画質な画像を出力する「D端子」

DVDならではの高画質は「MPEG-2」(エム・ペグ・ツー)という方式で、ハードディスクやDVDメディアに録画された映像が「D端子」を経由してテレビの画面にD端子映ります。
D端子は、アルファベットのDの形をしていることからD端子と呼ばれています。そして、形状は同じでも対応が質の違いによってD1~D5までの5種類があります。
一般的なものはD1端子とD2端子です。
D1は、現在の地上テレビ放送の映像の表示、D2は「プログレッシブ映像」を表示できます。
DVDレコーダーの映像を理想的な環境で見るには、D1/D2端子が付いたテレビが必要です。
なお、コンポネート端子が付いていればD端子と同じ画質で表示できます。

DVDレコーダーで見たい番組の呼び出し ・・・ 録画した番組を見やすくする「チャプター」

本を読むときに目次を確認してそれから見たいページを開きます。
DVDレコーダーもそれと同じ構造に出来ます。
「チャプター」という機能を使って、あらかじめ番組を見ながらここは、と思う場所に次々とチャプターを設定します。
それで本のように目次を完成させることで、次回からはチャプター単位で番組を飛ばして見ることが出来るのです。

スポンサードリンク

DVDレコーダーで録画した番組の編集 ・・・ 「プレイリスト」を使って好きなシーンを集めて編集する

見たい番組をまるごと撮り溜めておいて、あとから自分の好きな映像だけをつなぎ合わせて1本のDVDタイトルにします。
プレイリストは、撮り溜めたタイトルやチャプターを順番に指定したリスト集合です。複数の番組から指定できるために思い通りにタイトル作成が楽しめます。
プレイリストは見たい映像の順番を指定したリストでしかないので、元の映像が影響を受けることはありません。
これが、プレイリストの一番の特徴です。

DVD-Videoの作成 ・・・ 「DVD-Video」作成なら配布も簡単

DVDプレーヤーでの再生を目的に、DVDの配布用メディアとしてもっとも普及しているのが「DVD-Video」です。
DVDレコーダーの場合は、録画した番組やDVカメラで撮った映像をダビングして配布したい場合に同じようにDVD-Videoで記録して配布することで大勢の人が楽しめます。
DVDレコーダーは、DVD-Videoのほかに「DVD-VR」という記録方式に対応しています。
その特徴はDVD-Videoが苦手とする再編集などができることです。

DVDレコーダーで立体音響を楽しめる ・・・ 5.1チャンネルサラウンド

DVDレコーダーに採用されているのが「5.1チャンネルサラウンド」という機能です。
映画タイトルのDVD-Videoに「DOLBY DIGITAL」DVDサラウンドのロゴマークが付いていれば、5.1チャンネルサラウンド対応です。
5.1チャンネルサラウンドを楽しむためには専用のスピーカーセットが必要です。
全部で6つのスピーカーを部屋の周囲に配置することでサラウンド効果を得られます。画質だけではなく映画の臨場感を再現したい人にはスピーカーシステムにも目を向けてみるのもいいでしょう。

スポンサードリンク
今から始めるDVDの歩き方
スポンサードリンク
サイト内検索
DVDを知ろう
DVDの常識
DVDの機能・特徴
DVDレコーダーの選び方
DVDを使う
DVDを活用する
映像機器を知ろう
薄型テレビの選び方
ホームシアターの選び方
DVDあれこれ
DVDの豆知識
DVD関連用語集
DVDニュース
我が家の地デジ
Yahoo! JAPAN その道のプロが、あなたをガイド。All About
 
DVDの歩き方 TOPへ DVDの機能・特徴 DVDレコーダーで楽しむ