DVDフォーマットの特徴

DVD-RAMの特徴 ・・・ パソコンとの親和性に優れている

「DVD-RAM」はRAM(ラム)という名前にその特徴が表れています。
ランダム・アクセス・メモリのことで、パソコンでは頻繁に情報を記憶したり呼び出したりするための記憶領域の確保を、RAMというメモリがDVDドライブ果たすのです。
そこでDVDをRAMのように使えたら便利だろうという発想のもとに開発を進められました。
このようにして誕生したDVD-RAMは、パソコンでの操作を重視したものになっていて、約10万回の書き換えができます。ちなみにDVD-RWは約1000万回です。カートリッジ式も用意されているのはDVD-RAMだけです。
DVDレコーダーでの編集よりもパソコンのほうが便利なので、DVD-RAMはさらに需要が伸びるでしょう。

DVD-R/RWの特徴 ・・・ DVD-ROMをモデルにしたDVD-R/RW

「DVD-R/RW」は「DVD-R」と「DVD-RW」に分けられます。
「DVD-R」のRはレコーダブルの意味で、書き込みができるDVDメディアという意味です。
「DVD-RW」はリライタブルの意味で、再度書き込みができるDVDメディアです。
DVD-R/RWは、DVD-ROMとの互換性を意識したメディアで、DVD-ROMのROMはリード・オンリー・メモリの意味で、DVD-Videoのように読み込みしか出来ません。
それに対しDVD-R/RWは、読み込みだけではなく書き込みも可能です。しかも、DVD-ROMと互換性があるので、DVDプレーヤーなどすでに出回っている多くのDVDドライブでの利用が考慮されています。 ちなみにDVD-RAMはDVD-ROMとの互換性はありません。

スポンサードリンク

DVD+R/DVD+RWの特徴 ・・・ DVD-R/RWを意識したDVD+R/RW

「DVD+R/RW」は「DVD-R/RW」と名前も機能も非常に似ています。
それでも別の規格なのはそれぞれが違う団体からDVDドライブ発表されているからです。DVD+R/RWも、DVDプレーヤーなどのDVD-ROMとの再生互換を重視しています。
DVD+R/RWに対応したDVDレコーダーなら、録画した映像をダビングして配布するなどの場合に互換性が高まります。
そして最近新しい規格として「DVD+R DL」というものが加わりました。DLというのはダブル・レイヤー(2層)の意味で、通常のDVDメディアの4.7GBのほぼ倍の8.5GBの容量があります。

スポンサードリンク
今から始めるDVDの歩き方
スポンサードリンク
サイト内検索
DVDを知ろう
DVDの常識
DVDの機能・特徴
DVDレコーダーの選び方
DVDを使う
DVDを活用する
映像機器を知ろう
薄型テレビの選び方
ホームシアターの選び方
DVDあれこれ
DVDの豆知識
DVD関連用語集
DVDニュース
我が家の地デジ
Yahoo! JAPAN その道のプロが、あなたをガイド。All About
 
DVDの歩き方 TOPへ DVDの機能・特徴 DVDフォーマットの特徴