DVDレコーダーでの保存

DVDレコーダーの手動での録画モードの設定 ・・・ 録画時間とビットレートは反比例する

120分の番組なら、標準モードで1枚のDVDメディアに録画できるというのがDVDレコーダの基本と言えます。
また、標準モードのほかには、長時間モードや拡張モードなどの設定された録画モードもあります。通常は、これらのモードを使い分けることで、ほとんどの録画に対応可能です。
中には、空き容量に合わせてビットレートを自動で設定してくれる「ぴったり録画」や「ジャストモード」などの機能もDVD容量あります。

例えば1枚のDVDメディアに効率よく何本かの番組を収録したいときには、細かくビットレートを設定して録画時間を調節する必要があります。

DVDメディアと空き容量とビットレートの関係は、

   「空き容量 = ビットレート(ビット/秒)×録画時間」

という式で表すことが出来ます。
つまり、ビットレートが大きくなると画質は綺麗になりますが、それに反比例して録画時間が短くなるということです。

スポンサードリンク

DVDレコーダーでデジカメ画像を見たり保存する方法 ・・・ 画像を見るための3つの方法

・画像を見る
画像を見るには三つの方法があります。
一つは「メモリーカード・スロット」を搭載したDVDレコーダーの場合で、メモリーカードがスロットに挿入されていることを確認したうえで、メニューから「静止画」などの機能のDVDプレーヤー選択をします。
二つ目の方法は「USB端子」のあるDVDレコーダーの場合で、メニューから「デジタルカメラ」などの機能を選びます。
三つ目は、「JPEG再生」機能を搭載したDVDレコーダーの場合で、メニューから「フォトビューワー」などの機能を選択します。

・画像を保存する
デジタルカメラの画像が保存できるのはメモリーカード・スロットを搭載したDVDレコーダの場合です。
メニューから「静止画」→「複製」などの手順で画像のサムネイルを表示させてDVDメディアやハードディスクへコピーします。

DVカメラの映像を録画する方法 ・・・ デジタル映像をそのまま録画する

DVカメラのデジタル画像をそのままの画質でDVDレコーダに録画するときは、「DV端子」を使います。
ここでは東芝のRD-XS41を例に挙げ、DVカメラの録画の仕方を説明します。

DVDメディア

1.DV端子をケーブルで接続
DVDレコーダとDVカメラの電源を切った状態で専用ケーブルでDV端子間を接続。
2.録画先を選択
「HDD」または「DVD」ボタンで、録画先を選択する。
3.「編集ナビ」ボタンを押す
「編集ナビ」ボタンを押してメニューを表示させます。
4.「DV連動録画」を選択
メニューから「DV連動録画」を選択してください。
5.入力音声とチャプター分割の設定
入力する音声の種類とチャプタ分割の有無を設定します。
6.DVカメラを再生一時停止にする
DVカメラを再生から一時停止の状態にします。
7.「録画」ボタンを押す
録画が始まります。

スポンサードリンク
今から始めるDVDの歩き方
スポンサードリンク
サイト内検索
DVDを知ろう
DVDの常識
DVDの機能・特徴
DVDレコーダーの選び方
DVDを使う
DVDを活用する
映像機器を知ろう
薄型テレビの選び方
ホームシアターの選び方
DVDあれこれ
DVDの豆知識
DVD関連用語集
DVDニュース
我が家の地デジ
Yahoo! JAPAN その道のプロが、あなたをガイド。All About
 
DVDの歩き方 TOPへ DVDを活用する DVDレコーダーでの保存