DVDレコーダー

DVDレコーダーの種類 ・・・ DVD+αの複合機がメイン

DVDレコーダーといえばDVDメディアの記録と再生ができる製品のイメージがありますが、実際にはさらに機能を付け加えた製品があります。

1つ目は、DVDドライブだけの「DVDレコーダー」で、価格が安く購入しやすいです。 2つ目は、ビデオテープレコーダを内蔵した「VHS+DVDレコーダー」です。ビデオテープのDVDプレーヤー映像をDVDに移したい人には便利です。
3つ目は、HDD(ハードディスクドライブ)内蔵の「HDD+DVDレコーダー」です。パソコンの記録装置として有名なHDDを内蔵することで、長時間の録画が可能になります。
4つ目は、VHSとHDDを内蔵した「VHS+HDD+DVDレコーダー」です。

市販のDVDタイトルは見れるのか ・・・ DVD-Videoだけではなく音楽CDも再生可能

映画などの市販されているDVDタイトルは「DVD-Video」という記録方式が採用されてDVDロゴいます。
「DVD-Video」のロゴマークが表示されていれば、DVDプレーヤーだけではなくDVDレコーダーでも再生可能です。
DVDは、音楽CDに代わる「DVD-Audio」があり、DVDレコーダーは「DVD-Video」にも対応していますが音楽CDにも対応しています。
このほか、パソコンのデータを記録する「DVD-ROM」というのもあります。
DVDがバーサイタル(用途の広い)と呼ばれるように、さまざまな目的や用途に使うことができます。

スポンサードリンク

DVカメラの映像も使用可能か ・・・ DV端子付きDVDレコーダーなら可能

DVDレコーダーと同様に普及が進んでいるのが「DVカメラ」(デジタル・ビデオ・カメラ)です。
DVカメラは高解像度な映像が扱われるのでデータの容量が大きくなっていて、それらのデータを記録するメディアとしてDVDが最適なメディアとDVD端子いえます。
DVDレコーダの中にはDVカメラを接続して映像を保存するための「DV端子」が付いている製品もあります。
子供の成長記録や趣味の旅行などの記録をDVカメラで撮り溜めている人にはDV端子付きDVDレコーダーが向いています。

DVDレコーダーでデジタルカメラの画像は使えるか ・・・ USB端子・カードスロット付きの製品なら可能

デジタルカメラの画像に対応しているDVDレコーダーも数は少ないですがあります。
通常はデジタルカメラはパソコンにメモリカード接続して画像を保存したり画面に表示して確認したり加工しますが、DVDレコーダーならデジタル画像をテレビに表示したり、データをDVDメディアに保存できます。
デジタルカメラのメモリーカードを差し込むスロットが付いている製品があるのでそれを選びましょう。
それと、メーカーによって保存先として画像専用DVDメディアを必要とするものもあれば、番組が録画されたDVDメディアと共存して保存できるものもあります。
パソコンでおなじみのUSB端子を装備しているDVDレコーダーもあります。保存はできないのですがテレビ画面に再生できます。
さらにDVDメディアに記録された画像を表示できるDVDレコーダーがあります。

スポンサードリンク
今から始めるDVDの歩き方
スポンサードリンク
サイト内検索
DVDを知ろう
DVDの常識
DVDの機能・特徴
DVDレコーダーの選び方
DVDを使う
DVDを活用する
映像機器を知ろう
薄型テレビの選び方
ホームシアターの選び方
DVDあれこれ
DVDの豆知識
DVD関連用語集
DVDニュース
我が家の地デジ
Yahoo! JAPAN その道のプロが、あなたをガイド。All About
 
DVDの歩き方 TOPへ DVDの常識 DVDレコーダー