DVDとは?

DVDって何? ・・・ 映画を丸ごと記録できるメディアDVD

DVDは、音楽CDやパソコン用のCDと区別がつかないほど、形状がよく似ています。
しかし、記録できる容量は、DVD実にCD約7枚分です。
映像の場合は、音を記録する場合に比べて大きな容量のメディアが必要になります。CDを使って映画を記録する製品も出てきましたが、画質と時間の面で十分な性能ではありませんでした。
そこで、ハリウッドが映画を丸ごと1本記録できるようなメディアは作れないか?と提案して開発されたのがDVDなのです。
映画だけでなく、様々な用途に応用できるということで、英語で"用途の広い"という意味の"Versatile(バーサタイル)"をつけて、DVDは、"Digital Versatile Disk(デジタル・バーサタイル・ディスク)"と呼ばれるようになったのです。

DVDの便利性 ・・・ 長時間録画、高画質、見たい番組をすぐに録画

DVDにすることにはたくさんのメリットがあります。
アナログ製品からデジタル製品へ、ビデオテープレコーダーからDVDレコーダーへと変わることで、これまでにはなかった新しい映像の楽しみが広がります。

具体的なDVDメディア便利性は、
 1.見たい番組をすぐに録画、再生できる。
 2.画質が劣化しない。
 3.画質が綺麗。
 4.音質が綺麗。
 5.編集が簡単。
 6.収納スペースが小さい。
などがあります。

スポンサードリンク

DVDとCDの違い ・・・ DVDの容量はCDの7倍

DVDは、直径12cm、厚さ1.2mmの円盤形の音楽CDと同じ寸法です。
DVDをCDプレイヤーでは聞けませんが、CDはDVDレコーダーで再生することができます。
それはCDとDVDは規格が異なるので本来ならDVDレコーダーでCDを聞くことはできませんが、音楽CDを楽しむ人が多いのでCDの延長にDVDがあることを考慮してメーカーがDVDレコーダーをCDに対応させています。
そして「ビデオCD」にも対応しています。
また、音楽CDのDVD版として「DVD-Audio」もあります。

DVDメディアの種類 ・・・ DVDメディアの3つの規格

DVDレコーダーで番組録画をする際にはビデオテープレコーダーのVHSテープにあたるDVD記録メディアが必要です。これを「DVDメディア」といいます。
「DVDメディア」には「DVD-RAM」「DVD-R/RW」「DVD+R/RW」の3つの規格があります。
どの記録メディアを使うかは購入したDVDレコーダーによって違います。それは「DVDドライブ」という装置の対応する方式がメーカーによって先ほどの3つに分かれているからです。

スポンサードリンク
今から始めるDVDの歩き方
スポンサードリンク
サイト内検索
DVDを知ろう
DVDの常識
DVDの機能・特徴
DVDレコーダーの選び方
DVDを使う
DVDを活用する
映像機器を知ろう
薄型テレビの選び方
ホームシアターの選び方
DVDあれこれ
DVDの豆知識
DVD関連用語集
DVDニュース
我が家の地デジ
Yahoo! JAPAN その道のプロが、あなたをガイド。All About
 
DVDの歩き方 TOPへ DVDの常識 DVDとは?