DVDレコーダーの選び方・基本編

どのタイプのDVDを選ぶか ・・・ どんな使い方をしたいのかで選ぶ

使い方の種類を大まかに表すと、

・DVD録画と再生が出来ればいい → DVDレコーダー、
・VHSテープをDVDに移したい → VHS+DVDレコーダー、
・番組の録画をメインにしたい → HDD+DVDレコーダー、
・オールマイティに使いたい → VHS+HDD+DVDレコーダー、

という4つにまとめられます。ご自分の使用用途に応じて選んでください。

DVDの基本機能だけしか使わない ・・・ シンプルで安い「DVDレコーダー」

DVDの基本機能だけを使う方は、DVDドライブだけを搭載した「DVDレコーダー」があります。
価格は5万円前後と、手ごろなDVDプレーヤー値段です。
機能は、ビデオテープレコーダーが置き換わったと考えてください。
そしてもちろん「追いかけ再生」や「プレイリスト」などのDVDレコーダーならではの機能も利用できます。

スポンサードリンク

DVDにVHSビデオから移行する ・・・ VHSデッキ内蔵のDVDレコーダー

ビデオテープからDVDへの移し変えをしたい人にはVHS内蔵のDVDレコーダーがお勧めです。
ビデオテープデッキをすでに持っている人は、改めてビデオテープデッキを買う必要はありません。
DVDレコーダーの入力端子と、ビデオテープデッキのDVDプレーヤー出力端子をつなげば簡単にダビングできます。
しかし、何十本ものビデオテープの差し替えをする場合は、VHS内蔵DVDレコーダーがいいでしょう。
それは第一にケーブルで接続する必要が無く、ワンタッチでビデオテープからDVDへのダビングができるからです。
自動的に映像の区切りを判別したりノイズやちらつきを補正してくれるなど、高機能です。

DVDレコーダーでたくさんの番組を撮り溜めしたい ・・・ HDD+DVDレコーダーなら長時間録画可能

HDD+DVDレコーダーの魅力は、長時間の録画が可能なところです。
DVDレコーダーの場合は、DVDメディアにDVDプレーヤー録画できる時間が標準モードのSPで2時間ですが、ハードディスクであれば同じ標準モードで70時間から120時間以上の録画が可能です。
「HDD+DVDレコーダー」に、見たい番組を大容量のハードディスクにどんどん録画して、見終わったら削除するといいでしょう。
保管した番組についてはDVDメディアにダビングして保存しておくのが一般的です。

スポンサードリンク
今から始めるDVDの歩き方
スポンサードリンク
サイト内検索
DVDを知ろう
DVDの常識
DVDの機能・特徴
DVDレコーダーの選び方
DVDを使う
DVDを活用する
映像機器を知ろう
薄型テレビの選び方
ホームシアターの選び方
DVDあれこれ
DVDの豆知識
DVD関連用語集
DVDニュース
我が家の地デジ
Yahoo! JAPAN その道のプロが、あなたをガイド。All About
 
DVDの歩き方 TOPへ DVDレコーダーの選び方 DVDレコーダーの選び方・基本編